深い心の傷抱えてませんか

PICUP

施設活用して診断

不安な男性

ptsdや似た症状に悩んでいるのであれば、近くや評判の良いメンタルヘルスクリニックで診断してもらいましょう。社会適応を阻む病気でもあるので、復帰のためには正しく診断してもらう必要があります。

続きを見る

解明の歴史

落ち込む女性

私達の身の回りには長期的な研究を積み重ねることでそれまでは分からなかったことを解明している科学があり、医学はその一つです。ptsdに関しても長い精神医学の歴史から解明されることになりました。

続きを見る

ショックな出来事

椅子に座る男性

トラウマとなる出来事にはいくつか種類があります。死にまつわるものや暴力がその要因です。テレビや本などで自然災害やショックなものを見たときの後にトラウマを起こし、ptsdを発症する場合もあります。

続きを見る

抱えきれない出来事

頭を抱える

トラウマ症状は誰しもがもつものです。しかし、これは時間が経過するにつれて解消していきます。トラウマ体験が初めて問題になるのはその症状が一ヶ月続いた時です。人はショックなことが起こった時、精神的なダメージを受けてしまいます。怪我をしたときもそれに当てはまり、もし大怪我をして肉体的な傷が癒えたとしても、精神的なダメージは癒えていない可能性があるのです。生死に関わることは感情が揺れ動く程度も大きく、嬉しいことでさえも強いストレスになることもあります。そしてこのトラウマ体験によって感情が揺れ動き心身に影響がもたらす状態が一ヶ月以上続いた時はptsdを疑います。

ptsdの要因になるものは様々です。嬉しい事がトラウマになることはあまりありませんので通常は除外されます。要因と数えられるのが死が関係すること、家庭内暴力やレイプ、犯罪、いじめなどです。大きな自然災害や戦争になってくると、かならずしも戦闘や自然災害に巻き込まれた戦闘員や民間人以外にも、その様子を見ていた傍観者にも大きな影響を与えることもあるのです。ptsdに関しては今でもいろんな研究がされてきています。当初注目されたのが戦闘にまつわることで、後から社会的な格差も縮まっていく中で女性に対するレイプや家庭内暴力に関しても強いptsdをもたらすことが明らかになってきました。精神的な病気はこのように表面にはわかりにくく、症状が目の前に現れていたとしても解釈が難しいこともあります。

医療機関であれば認知行動療法の専門家や薬物治療についての専門家がいるので、回復に向けての治療を受けることが可能です。ptsdは自然に治癒される場合もありますが、症状が重い場合は入院治療を受けることもあります。治療中はなるべくストレスを受けないようにしなければなりません。しかし日常生活を送る上でストレスを回避し続けるのは難しい問題です。普段のストレス解消についても医療機関では明確な方針をもっていることがあるので、ストレス解消が上手くいかないという人は頼りましょう。今治療を受けている人の中でもストレスに関してはそれまで考えたことも無かったという人もいます。ストレスは思った以上の影響をもたらすことを知りましょう。

CONTENT

カウンセリング

三大症状

再体験と回避、過覚醒がptsdに見られる三大症状です。不眠症や解離性健忘、フラッシュバックや悪夢など、いろんな症状はこの三つの症状に分類されます。これらの症状がひどくならない内に治療を始めるべきです。

相談

向き合って乗り越える

過去の問題は隠さずにむしろ向き合って乗り越えるべきです。ptsdもそうですが、閉じ込めていると潜在意識が知らない内に顕在意識に影響をもたらしてしまいます。その認知行動療法と薬物療法が主な治療方法です。

TOP